TAVI治療を受けた患者インタビュー (3/3)

お医者さんの真心を感じ、良くならない訳にはいかないと…

ハートチーム全員の協力体制

インタビュアー

治療を実際に受けられて、どう感じられましたか?

山岸さん

内科、外科とかいろいろな部門の先生方が、毎日のように交代で訪ねて来られて診ていただいて、至れり尽くせりと言いますか、お医者さんの真心と申しますか、それに感激しまして、良くならない訳にはいかないと思いましたね。

林田医師

TAVIを行うにあたっては、内科、外科、麻酔科、エコー医、リハビリ科、看護師、臨床工学技士、放射線技師などから成るハートチーム全員の協力体制で患者さんを見守るというのが、大変重要であるのかなと思います。

インタビュアー

林田医師をはじめ、各科の医師に診て頂ければ、新しい治療も不安はなかった、ということですね。

山岸さん

そうですね。精神的にもとても救われましたし、治療後も安心感がでて参りました。それがやはり患者からの信頼感を作りあげていくのではないかと思いますね。
私は林田先生にお目にかかった時から、そのお人柄に本当に惚れ込んでしまったのですよ。それは本当に大事な事ですね。
自分の命の問題です。先生と諍いをおこしてしまうような患者さんもなかにはいらっしゃいますが、先生をご信頼申し上げる事が第一だと思いますね。

インタビュアー

ありがとうございます。それでは最後に、これからTAVIを受ける可能性のある患者さんにメッセージ、をお願いいた します。

林田医師

患者さんは遠慮される方がすごく多いんですね。医者だとちょっと言い難いところがあるみたいなので、看護師さんに伝えていただけると医者にも伝わってくるんですけれど、それもおっしゃらない方もいらっしゃいます。
我々は患者さん皆さんに良くなっていただきたいという事を一番に思っていますので、是非遠慮されないで、ご自分の 辛い事とか、心配事とかを医者に対して遠慮、なく伝えていただきたいなと思っております。

山岸さん

お医者さんの説明を聞いて、そのお人柄が信頼出来る場合は治療を受ける事だと思いますね。そういうチャンスが 得られる事自体が幸せなことだと思っておりますから、TAVIの治療で大勢の方が幸せを得られるように願っております。

 

※インタビュー実施:2013年12月
このインタビュー記事はエドワーズライフサイエンス株式会社の一般向けパンフレットを元に再構成しています。

"Road to TAVI"

"Road to TAVI"
TAVI元年。慶應大チームの軌跡をリアルタイムで紹介します。 重症の大動脈弁狭窄症で、開胸手術による治療が不可能または 非常に困難な患者さんに対する全く新しい治療です。

経カテーテル大動脈弁留置術 TAVI

重症の大動脈弁狭窄症で、開胸手術による治療が不可能または 非常に困難な患者さんに対する全く新しい治療です。大動脈弁をただバルーンで拡張するだけでなく弁を留置してくる治療法です。

小切開心臓手術

最大の特徴は、「小さな創で患者さんに優しい」手術を行っていることです。当院は、低侵襲心臓外科手術、ポートアクセス手術のパイオニアとして、日々技術革新を進めています。

大動脈
ステントグラフト

開胸や開腹を要さない低侵襲な治療法。当院は、国内有数の豊富な大動脈瘤治療実績を有し、特にこのステントグラフト治療は人工血管手術とともにトップランナーとして近年さらに増加し続けています……

心房中隔欠損のカテーテル治療 AMPLATZER

慶應義塾大学 心臓血管低侵襲治療センターは、循環器内科と心臓血管外科が協力し、日本一患者さんにとって優しい治療を提供します。

経皮的中隔心筋焼灼術 PTSMA

症状のある、薬物治療抵抗性の閉塞性肥大型心筋症に対して、カテーテルを使用して純エタノールにより閉塞責任中隔心筋を焼灼壊死させる治療法です。最大の特徴は「低侵襲性」(体力の消耗や傷口が小さい)です。

バルーン大動脈弁形成術BAV

とてもシンプルな治療法で、すぐには開胸手術が難しいような状態の悪い方であっても、この風船治療を行うことで状態が一時的に顕著に改善されます。

経皮的僧帽弁裂開術 PTMC

カテーテルを用いて足の動脈から直接心臓に到達、硬くなった弁にイノウエ・バルーンを運び、そこでバルーンを広げて、硬くなった僧帽弁を広げる治療。心臓手術に比べ開胸術でなく、患者さんの負担は少ない。

バルーン肺動脈形成術 BPA

局所麻酔下で行う侵襲性の低いカテーテル治療。PEAの適応外とされる高齢者、全身麻酔が困難例、末梢型のCTEPHに対しても治療可能である。複数回の治療により、PEAと同様に根治が期待できる。

慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター
Keio University School of Medicine Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Surgery

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208