TAVI 患者の声

慶應義塾大学 心臓血管低侵襲治療センターではTAVI治療を受けた皆さんにアンケートへの回答をお願いしています。治療を受けた方々の生の声が大動脈弁狭窄症治療の治療選択の一助になれば幸いです。

ぜんそくと思っていた症状が心臓から来ていると知り驚きました。

88歳 女性

入院は6日で体は辛かったですが少しづつ元気になりました。

88歳 女性

こわがらずに受けて頂きたい。

87歳 女性

階段を登るときも息切れがなくなり自信をもって登れるようになった。

90歳 男性

息苦しくも無く徐々に普通に生活できる様になった。

85歳 女性

体に負担がなく、うそのように体が軽くなった。スタッフは皆さんとても良かったです

70歳 女性

迷っている方に、信頼できる先生方がついているので勧めたいと思いました。

87歳 女性

生命をいただいたと感謝する

83歳 男性

TAVI 患者さんアンケート 39例目 年齢88歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.ぜんそくと思っていた症状が心臓から来ていると知り驚きました。

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.新しい手術で先生がこちらにいらっしゃると聞いたので。

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.不安はありませんでした。

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.楽しく過ごせました。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.なるべく無理しないようのろのろと生きています。怠けぐせがついてしまいました

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.傷口が小さくて心臓の弁まで取り扱う技術の進歩に驚きます。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.息苦しさを我慢しないで、痛い思いは記憶にありません



TAVI 患者さんアンケート 33例目 年齢88歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.息切して困っていました。

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.先生に弁が悪いと云われTAVIを受けて元気になれるから

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.血栓が飛ぶのではないかと不安になりました。

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.楽しく過ごせました。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.入院は6日で体は辛かったですが少しづつ元気になりました。

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.予後は大変でしたけど受けてよかったと思います。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.元気になりまして感謝いたしています。



TAVI 患者さんアンケート 28例目 年齢87歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.息苦しいとか、階段の昇るのが困難だった。麻酔をして手術をするのが怖かった。

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.貴院の循環器内科の先生に林田先生を紹介されたため

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.不安

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.入院日数 - 意外と短かった。 スタッフの対応 - 行き届いていた。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.180° 楽になった。

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.是非同じ症状のより多くの人にお奨めしたい。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.こわがらずに受けて頂きたい。



TAVI 患者さんアンケート 24例目 年齢90歳 男性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.胸の圧迫感と息切れがあって、四階に階段を登る事がしばしば困難であった。

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.多摩のクリニックみらいで心臓の検査を受けてTAVIの必要性を指摘され慶應病院の林田先生を紹介されたこと、積極的に受けることを決めました。

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.不安は別になく治療を信頼し、期待をした。

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.治療、入院における負担はほとんどなく、スタッフ全員の対応もよかった。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.治療後、4階などに階段を登るときも息切れがなくなり自信をもって登れるようになった。

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.新しい治療であり、多く人が受けられたらよいと思った。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.同じ病期に苦しんでいる人は積極的治療への挑戦を 医師の指導を信頼して!



TAVI 患者さんアンケート 21例目 年齢85歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.心臓が苦しく二階にも上がれなかった

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.市川病院で紹介された為

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.期待です。

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.入院日数(8日間)体の負担感じませんでした。大変親切にして頂きました。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.息苦しくも無く徐々に普通に生活できる様になった。

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.私はこの治療に出会った事を感謝しています。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.体への負担も無く安心に受けられると思います。



TAVI 患者さんアンケート 20例目 年齢70歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.先生を信頼しすべてをまかせる事に、不安は一斉なかった。

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.主人が病気にかかり、なんとしても最後迄見守りたい。

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.期待が大きかったです。

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.体に負担がなく、うそのように体が軽くなった。スタッフは皆さんとても良かったです。

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.家事も進んでやるように。草むしりなど今は気になってやっています。

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.多くの人がこの治療を知って、楽しく人生を送ってほしい。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.何んの不安もなく先生に、おまかせする事を、おすすめ致します。



TAVI 患者さんアンケート 11例目 年齢87歳 女性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.息ぎれが激しく、少し歩くと、休まなければならないほどだった

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.主治医の先生が紹介してくれたので

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.不安 - 成功しなかったらと思い心配した。 期待 - 成功して、今の症状が改善される事

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.食事が不満だった

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.息苦しさがなくなり、楽になった

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.治療を受けて、とても助かったと思いました。

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.迷っている方に、信頼できる先生方がついているので勧めたいと思いました。



TAVI 患者さんアンケート 2例目 年齢83歳 男性

Q.治療を受ける前に困っていた症状や状態、不安に思っていたことなどを教えてください。
A.息切れ

Q.当院でTAVIを受けようと決めた理由はなんですか?
A.先生に対する信頼感による

Q.治療を受ける前に思っていたことはなんですか?(不安、期待など)
A.良い結果を信じていた

Q.実際の治療、入院はどうでしたか?(入院日数や体の負担、スタッフの対応など)
A.10日間の期間中万全のカイゴを受けた

Q.治療を受けてから、日常生活はどの様に変わりましたか?
A.一日一日を感謝して過す様になった

Q.この治療を受けてかんじたこと、考えたことを教えてください。
A.生命をいただいたと感謝する

Q.最後に、この治療をこれから受けようと考えている患者さんに一言アドバイスをお願いいたします。
A.信頼をして凡てを任せる様に



≫患者インタビュー

icon
TAVI治療を決めたのは、信頼を寄せている医師の一言

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄があっても無症状のことが多く、狭窄の程度が進み心臓の余力がなくなって初めて様々な症状が出るようになります。

経カテーテル大動脈弁留置術 TAVI

重症の大動脈弁狭窄症で、開胸手術による治療が不可能または 非常に困難な患者さんに対する全く新しい治療です。大動脈弁をただバルーンで拡張するだけでなく弁を留置してくる治療法です。

TAVI治療を受けた患者インタビュー

「もっと元気に長生きできる可能性が出てきますよ」TAVI治療を決めたのは、信頼を寄せている医師の一言

慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター
Keio University School of Medicine Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Surgery

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208、心臓血管外科当直医PHS:070-6587-0114