経皮的僧帽弁形成術 MitraClip

けいひてきそうぼうべんけいせいじゅつ マイトラクリップ

経皮的僧帽弁形成術(MitraClip)

 僧帽弁閉鎖不全症が重症になると、薬物療法のみでは息切れや浮腫などの心不全症状をコントロールすることが難しくなります。その場合、開胸して僧帽弁を人工弁に置換する手術や僧帽弁を形成する手術が必要となることがあります(以下開胸手術と記載)。こうした開胸手術は、長期成績が確立されており、標準的な治療とされています。しかし開胸手術は、身体への負担が大きく、ご高齢の方や何かしらの持病を抱えている方などでは、困難な場合があります。そのような患者さんに対して、体の負担が比較的少ない僧帽弁接合不全修復システムによる経皮的僧帽弁形成術(MitraClip)(図1)が適用と考えられる場合があります。MitraClipは僧帽弁閉鎖不全症における血液の逆流量をある程度減らし、心不全症状(息切れ、浮腫など)を改善する効果が期待できると考えられております。


 本治療はヨーロッパで2005年に1例目が行われてから、ヨーロッパ、北米を中心に、すでに6万人以上の患者さんに行われています。本邦でも2015年から2016年に治験が行われ、良好な成績が得られたため、2018年4月に保険償還となり、治療が可能になりました。当院は治験施設としていち早く本治療を開始しており、良好な成績を収めています。


図1.僧帽弁接合不全修復システム MitraClip

 治療は全身麻酔下に足の付け根の静脈からアプローチして行く経大腿静脈アプローチで行います。心臓超音波専門医により、経食道心エコー検査を行いながら手術を進めていきます。足の付け根からカテーテルを挿入していき、右心房と左心房を隔てている心房中隔を通って左心房に進めて行きます(図2左)。ガイドカテーテルからクリップが先端についたクリップデリバリーシステムを僧帽弁の適切な位置まで持っていき、僧帽弁の弁尖をクリップ内に収納した所で、クリップを留置します(図2真ん中と右)。逆流が残存している場合は、クリップを違う場所に置きなおしたり、追加のクリップを留置することもできます。


図2. MitraClipを左房内に進めている(左)。Clipで弁尖を把持し(真ん中)、留置する(右)。

文責:林田健太郎

小切開心臓手術

最大の特徴は、「小さな創で患者さんに優しい」手術を行っていることです。当院は、低侵襲心臓外科手術、ポートアクセス手術のパイオニアとして、日々技術革新を進めています。

大動脈
ステントグラフト

開胸や開腹を要さない低侵襲な治療法。当院は、国内有数の豊富な大動脈瘤治療実績を有し、特にこのステントグラフト治療は人工血管手術とともにトップランナーとして近年さらに増加し続けています……

心房中隔欠損のカテーテル治療 AMPLATZER

慶應義塾大学 心臓血管低侵襲治療センターは、循環器内科と心臓血管外科が協力し、日本一患者さんにとって優しい治療を提供します。

経皮的中隔心筋焼灼術 PTSMA

症状のある、薬物治療抵抗性の閉塞性肥大型心筋症に対して、カテーテルを使用して純エタノールにより閉塞責任中隔心筋を焼灼壊死させる治療法です。最大の特徴は「低侵襲性」(体力の消耗や傷口が小さい)です。

バルーン大動脈弁形成術BAV

とてもシンプルな治療法で、すぐには開胸手術が難しいような状態の悪い方であっても、この風船治療を行うことで状態が一時的に顕著に改善されます。

経カテーテル大動脈弁留置術 TAVI

重症の大動脈弁狭窄症で、開胸手術による治療が不可能または 非常に困難な患者さんに対する全く新しい治療です。大動脈弁をただバルーンで拡張するだけでなく弁を留置してくる治療法です。

経皮的僧帽弁裂開術 PTMC

カテーテルを用いて足の動脈から直接心臓に到達、硬くなった弁にイノウエ・バルーンを運び、そこでバルーンを広げて、硬くなった僧帽弁を広げる治療。心臓手術に比べ開胸術でなく、患者さんの負担は少ない。

バルーン肺動脈形成術 BPA

局所麻酔下で行う侵襲性の低いカテーテル治療。PEAの適応外とされる高齢者、全身麻酔が困難例、末梢型のCTEPHに対しても治療可能である。複数回の治療により、PEAと同様に根治が期待できる。

慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター
Keio University School of Medicine Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Surgery

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208