僧帽弁閉鎖不全症 mitral regurgitation; MR

そうぼうべんへいさふぜんしょう mitral regurgitation; MR

概要

 僧帽弁(mitral valve)とは、左心房と左心室の間にある、大きく2枚からなる弁のことです(図1)。「僧帽」とは「カトリックの司教冠:mitre」(図2)のことで、僧帽弁の形状がカトリックの司教冠に似ていることに由来します。僧帽弁逆流症(僧帽弁閉鎖不全症)とは、この僧帽弁の閉鎖機能が悪くなり、本来の血液の流れとは逆に、左心室から左心房に血液が逆流してしまう状態を指します(図3)。


図1.僧帽弁とは
図2.僧帽の由来:カトリックの司教冠
図3.僧帽弁逆流症(僧帽弁閉鎖不全症)

原因

 僧帽弁自体やそれを支える腱索の病変によって逆流が生じる場合や、左心室が拡大し、二次的に弁の逆流が起こることがあります。前者では弁の逸脱(弁が飛び出してしまう状態)、腱索の断裂、リウマチ熱などが主な原因となります。後者では心筋梗塞や心不全が原因となり得ます。

症状

 病気の原因や重症度、発症の仕方によって症状はさまざまですが、基本的に初期は無症状で経過することが多く、進行して心臓や肺に負担がかかると、息切れ・呼吸苦やむくみなどの心不全症状が出現します。僧帽弁閉鎖不全症により心房細動(脈が不規則になる不整脈)が起きる場合もあり、その際には動悸を感じることもあります。
無症状で発見される場合としては、健康診断で心雑音の異常やレントゲンでの心拡大を指摘されることがあります。

診断

 確定診断は主に経胸壁心臓超音波検査によって行われます。経胸壁心臓超音波検査は体の表面から行う検査で患者さんの負担も少なく、繰り返し行うことができるため、診断や病気の進行を知ることも可能です。
 心臓超音波検査によって観察する項目としては、弁自体の性状(大きさ、長さ、石灰化などの硬さ)、逸脱の有無、接合、逆流の向きや程度、左心室の収縮する力や左心室の大きさなど多岐にわたり、これらの情報を統合して僧帽弁逆流症の原因や重症度を判断します。
 また、大動脈弁と同様に、より詳細に僧帽弁の状態を観察したい場合には、胃カメラと同じ要領で超音波の端子を食道内に入れて心臓の裏側から観察を行う、経食道超音波検査が行われることもあります(詳しくはhttp://www.cpnet.med.keio.ac.jp/examination/test/test10.htmlを参照ください)。

治療

小切開僧帽弁形成術の手術風景

 まず、いつ治療をすべきかが大きな問題となりますが、一般的に症状が出てきたり、心臓の負担が強くなってきた場合(左心室の収縮力の低下、左心室の拡大、心房細動の出現など)には治療の必要があります。
僧帽弁閉鎖不全症の治療の基本は僧帽弁の心臓手術治療です。手術には大きく分けて、僧帽弁置換術と僧帽弁形成術に分かれます。いずれにしても、胸や肋骨を切開して心臓を露出し、僧帽弁を治療します。自分の弁を切り取って、新しい弁に取り替えるのが僧帽弁置換術です。自分の弁をうまく切ったり、縫い合わせたりして形を整えるのが、僧帽弁形成術です。僧帽弁置換術の取り替える弁(人工弁)には、大きく分けて生体弁(図4)と機械弁(図5)があり、それぞれに長所と短所があることから、両者を使い分けて使用します。僧帽弁形成術は一般的に置換術よりも手術の難易度が上がり、どの僧帽弁逆流症にもできるわけではないので、心臓外科医とよく相談する必要があります。

図4.人工弁-生体弁
Carpentier-Edwards PERIMOUNT Magna
図5.人工弁-機械弁
Medtronic Open Pivot Mechanical Heart Valve
小切開僧帽弁手術の跡

僧帽弁閉鎖不全症の低侵襲治療(身体に優しい治療法) 小切開僧帽弁形成術・置換術

 最近海外では、年齢や合併症のために外科的手術が適応とならない患者さんに対して、MitraClip®(マイトラクリップ)というカテーテルによる低侵襲治療が行われています。この治療法はカテーテルを用いて足の動脈から直接心臓に到達し、「クリップ」(図6)で弁をつかんで引き合わせることにより、逆流量を減らす治療です(図7)。胸を切開する従来の心臓手術よりも体にかかる負担が少ないため、年齢や合併症などのために、これまで手術を断念されていた患者さんに対しても治療が可能となります。現在、ヨーロッパでは2008年にCEマークを取得、アメリカでは現在FDA(米国食品医薬品局)に承認申請中で、日本でも今後大変期待が持てる治療法です。


図6.クリップ
図7.
僧帽弁閉鎖不全症治療に用いる医療機器の治験にご協力いただける方を募集しております。

文責:八島 史明、林田 健太郎

心房中隔欠損症

左心房と右心房の間の壁に穴(欠損孔)があ左心房と右心房の間の壁に穴(欠損孔)があいている病気です。多くの場合には症状はなく、成人まで無治療であると不整脈を起こす危険性があります。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁の閉鎖機能が悪くなり、本来の血液の流れとは逆に、左心室から左心房に血液が逆流してしまう状態を指します。

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄があっても無症状のことが多く、狭窄の程度が進み心臓の余力がなくなって初めて様々な症状が出るようになります。

胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤とは心臓から横隔膜までの大動脈の一部が拡張した状態をいいます。

腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤とは、動脈の壁が一部弱くなり、異常に拡張をきたした状態をいいます。動脈瘤が大きくなれば破裂する危険性を伴い、破裂性の腹部大動脈瘤は突然死の原因の1つと考えられています。

僧帽弁狭窄症 MS

僧帽弁自体が硬くなり、左心房から左心室への正常な血液の流れが悪くなる状態を指します。ほとんどがリウマチ熱が原因でおこります。

肥大型心筋症 HCM

高血圧や弁膜症などの心肥大を起こす明らかな原因が無いにも関わらず、左室ないしは右室心筋の異常な肥大を起こす疾患です。

慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH

肺動脈の多くが血栓性閉塞し、この結果肺高血圧症を合併して、労作時の息切れなどの臨床症状が認められます。

左房粘液腫

他の臓器と同様に心臓にも腫瘍が発生します。頻度的には、全剖検例の0.1%以下と稀な疾患 (約70%が良性腫瘍・30%が悪性腫瘍)。良性腫瘍の中で最も多いのが粘液腫(良性の約半分・全心臓腫瘍の3割強)。

慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター
Keio University School of Medicine Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Surgery

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208、心臓血管外科当直医PHS:070-6587-0114