ニュース:2014年6月10日 安倍首相がHybrid手術室とTAVIを視察

2014年6月10日に、安倍首相が当院のHybrid手術室とTAVIを視察されました。
その模様は各報道機関より報道されました。

平成26年6月10日 慶應義塾大学病院視察(首相官邸サイト)


≫メディア・TAVI/TAVR関連記事

●2014.04.14 「人工臓器 Vol. 42 No. 3」にTAVIの林田医師による日本語の総説が掲載されました。
"Transcatheter aortic valve implantation: Current status and future perspectives." 人工臓器 Vol. 42 No. 3

●2014.04.10 日経メディカルに当院のハイブリッド手術室が取材されました。
「ハイブリッド手術室」でより高度な治療が可能に:日経メディカル

●2014.03.26 慶應TAVIチームが「手術数でわかるいい病院」で特集されました。
慶應TAVIチームが「手術数でわかるいい病院」で特集されました - ニュース | 慶應義塾大学 循環器内科

●2014.02.28 慶應TAVIチームがテレビ東京のワールドビジネスサテライトで取材されました。
TAVIチームがテレビ東京のワールドビジネスサテライトで取材されました - ニュース | 慶應義塾大学 循環器内科

●日経メディカルオンラインREPORT2013.11.22として、 当院の林田医師のTAVI/TAVRに関する取材記事が掲載されました。
『TAVRが変える弁置換術』~治療翌日には歩行可能、最短5日で退院できる
 ※ページ閲覧には日経メディカルオンラインへの会員ログインが必要です。

●情報サイトZakZakニュース記事2013.10.11として、 当院の林田医師のTAVI/TAVRに関する取材記事が掲載されました。
 “心臓守る”若きエース 大動脈弁狭窄症の“新技術”普及に邁進

●innavi.net取材報告2013.10.2に  当院の林田医師のTAVI/TAVRに関する取材記事が掲載されました。
 エドワーズライフサイエンスがTAVI用生体弁「サピエンXT」を発表

●弁膜症サイトへ当院 林田医師の記事が掲載されました。
 経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)とは

●日経メディカル特別編集版2013.6「循環器診療のトピックス&トレンド」に  当院の林田医師のTAVI/TAVRに関する取材記事が掲載されました。
ß 【特集】[全身の血管に広がるカテーテル治療] 経カテーテル大動脈弁留置術、手術不能例の積極治療に道

●当院 循環器内科サイトでもTAVI/TAVRについて紹介しています。ご参照ください。
「弁膜症・冠動脈疾患の低侵襲カテーテル治療専門外来」

●当院 医療・健康情報サイト KOMPASでもご紹介しています。Q & A(よくあるご質問)も ありますので、是非ご参照ください。
「2013年10月 大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の開始~慶應ハートチーム~」


≫患者インタビュー

icon
TAVI治療を決めたのは、信頼を寄せている医師の一言

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄があっても無症状のことが多く、狭窄の程度が進み心臓の余力がなくなって初めて様々な症状が出るようになります。

経カテーテル大動脈弁留置術 TAVI

重症の大動脈弁狭窄症で、開胸手術による治療が不可能または 非常に困難な患者さんに対する全く新しい治療です。大動脈弁をただバルーンで拡張するだけでなく弁を留置してくる治療法です。

TAVI治療を受けた患者インタビュー

「もっと元気に長生きできる可能性が出てきますよ」TAVI治療を決めたのは、信頼を寄せている医師の一言

慶應義塾大学病院 心臓血管低侵襲治療センター
Keio University School of Medicine Medical Center for Minimally Invasive Cardiac Surgery

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208、心臓血管外科当直医PHS:070-6587-0114